1. ホーム
  2. 開業実例集
  3. VOICE004:「医療モール内開業で存外に苦労しながらも専門に特化した運営で、患者の支持を得て順調に」

「私たちの事例を参考にしてください!」薬局開業応援団
「独立してよかった」と言えるために―薬剤師・薬局経営者たちの開局実例集―

ちょっと待って!コンサルタントに聞く前に…!医院・クリニック開業にまつわる成功談・失敗談からノウハウとリスクを探る!
どんなコンサルタントを使ったのか、開業後の経営はどうなのか、ドクター・クリニック経営者の方々のリアルな声、リアルな開業秘話を『医師サポ』だけで大公開。

VOICE:004

「医療モール内開業で存外に苦労しながらも専門に特化した運営で、患者の支持を得て順調に」

医療法人 内科クリニックこばやし
神奈川県相模原市/内科・循環器科・糖尿病

院長 小林一雄さん(42歳)

医療法人 内科クリニックこばやし

医療モールは初期費用を抑えられるが
一匹狼の開業医同士、患者の奪い合いも覚悟

画像

大規模商業ビルのワンフロアが医療モールとなっている

開業を志されたのは?

父親は開業医でしたが、自分は考えてもいませんでした。ただ、勤務していた市民病院が市政方針により縮小を余儀なくされたのと、大学病院の医局にもそのタイミングで戻るのが難しかったため、開業を考えざるを得なくなりました。すでに自宅を購入しており、3人の子どもの教育もあったので、転居を伴いたくはなかったという事情もあります。それが、2003年に入ったころのことですね。

開業準備はどのように?

インターネットで開業コンサルタント会社を探しました。当時はまだそんなに数がなかったので、ひととおり事務所に足を運んだり、開業セミナーにも行ってみましたね。コンサルティング費用は会社によって50万円から200万円くらいと幅がありました。いい加減な情報も多くて、診療圏調査を依頼すると、甘い数字が出てくることもしばしばです。圏内に内科が3軒のはずが、自分で歩いて回ったら10軒あったケースもあります。ある会社からは、川崎にあるビル診療所の2階を勧められてずっと電話で営業されていたのですが、後で知人から聞いたところ、僕が断るよりも以前に、2階に入るクリニックは決まっていたそうです。騙されるというようなこともよく聞きましたが、実際にあるんですね。結局、父親の知人から紹介されたコンサルタント会社に相談をし、現在の医療モールを紹介されて決めました。

医療モールで開業されたのは?

しっかりした医療を行いたいという気持ちが強かったので、ひとつの場所にさまざまな科目のクリニックがあって対応できるモールは、その希望を叶えるひとつの手段でした。とくにこちらのモールは当初、相模原協同病院のサテライトクリニックという位置づけで、外来部門を切り離して、こちらのモールの開業医がそれぞれの専門で対応していくということだったので、理想的だと思ったんです。また、実際的にも自宅から近かったり、東急ストアの駐車場を2時間まで無料で患者さんに利用いただけるといったハード面の好条件もありました。

実際に入られて、いかがですか?

今は正直、医療モールはお勧めしませんね。開業医同士で、経営を考えるあまり専門外でも標ぼうして、患者さんを取り合ってしまう傾向があるのは否定できません。当院が開業して7年ほど経っていますが、開業医自体がますます増えていて競争が厳しくなっていますし、開業医はみなが一匹狼的なところがあるので、モールの管理会社がかなりうまく取り仕切らないと、トラブルが起きやすいのではないかと思います。こちらのモールでは、管理会社が2年目くらいの時に変わって、モール自体の運営方針が当初とは変わってしまっています。

それは想定外ですね。

夏ごろにこの場所を紹介されましたが、モール自体のオープンである2004年1月に向けて、契約を9月中に迫られたのも想定外でした。他のクリニックが営業している状態で工事を入れると、夜間のみなど制約が多く、工期が長くなるということで、工事費用もそれだけ膨らみますから、やむを得ず決断しました。こちらのモールは施工業者が指定されていたのですが、正直費用は2~3割高かった気がします。本当はもっと見積もりを取り直して交渉したかったのですが、開業日を決めてしまったことでその余裕はありませんでした。内装は、知人などにも当たって何社か相見積もりをとれば、1000万円くらいの差が出てくることもあるのではないでしょうか。結局9月に契約して、設計等は1カ月足らず、施工がちょうど1カ月ほどで、その後2週間くらいで内装引き渡しから開業という流れでした。

今回の応援団員

今回の応援団員

こばやし・かずお
1993年慶応大学医学部卒業後、慶応大学病院腎臓・内分泌代謝内科に所属。その後、北里研究所病院、亀田総合病院を経て、ふたたび慶応大学病院へ。2001年より横浜市立市民病院へ。2004年1月、内科クリニックこばやしを開業。2007年には医療法人化を果たし、現在に至る。日本内科学会認定内科医、日本腎臓病学会所属、日本糖尿病学会所属、日本透析医学会所属

開業ヒストリー

開業ヒストリー

医療法人 内科クリニックこばやし

神奈川県相模原市西橋本5-1-1東急ストア3F
TEL:042-770-7371
MAIL:kobayashiclinic@coast.ocn.ne.jp
URL:http://kobayashi.easy-magic.com/

医療法人社団信倫会 内科クリニックこばやし